娯楽と対価と

最近、無料で漫画が読めるアプリをよく見かけます。

しかし、中には運営がうまくいかなくて、作家さんに負担がかかったり、掲載方法を変えてみたりと創意工夫をされているようですが、なかなか難しいようですね。

 

やはり、お金が入る構造がまずないと、商売としては成り立ちませんしねぇ。

個人が趣味の範囲でやるのとは、わけが違いますよね。

でも、読者側の負担が少ないうえに作品が楽しめるって、個人的にはうれしいことではあります。

もう少し、「作り手」と「読み手」とのいいバランスのとり方があれば、長く続けられていいんとおもいますけどね。

 

 

そういえばニュースで見たんですが、コミックの発売と同時に無料でマンガが読める違法サイトまであると聞きます。

 

確かに、お金がかからなければいくらでも楽しい思いができていいですね。

 

しかし、私は反対です。

もし、利用している方や利用しようとしている方がいたら、よく考えてみてください。

 

書いている作者のみなさんは「仕事」として読者を楽しませるために作品を「創作」しているんです。

お金が入らなければ、書けませんって(笑)

 

無償で残業したり、バイト代が削られたら騒ぎになるじゃないですか。

ブラック~とかいいますよね?

 

同じことだと思いません?

 

自分さえよければいいって考え方は、テレビで紹介されている「マナーの良い良識のある日本人」とは程遠いですよ。

 

できれば、自分が欲しいものは対価を払って手にする、当たり前の常識を守って、みんなが楽しんでくれればと願います。

それこそ、テレビで紹介されている「マナーの良い良識のある日本人」ですよ(笑)

広告を非表示にする

さて、昨日に引き続きお気に入りのマンガを紹介したいと思います。

 

まずはこちら

ワンパンマン

 

もともと、web上で紹介された原作をもとに村田雄介先生がとなりのヤングジャンプでマンガ化されたものです。

アニメにもなって海外を巻き込んでの一大ブームにまでなってるってくらい大人気作品となります。

 

まぁ、設定があり得ないのに面白い。

敵味方関係なく、でてくるキャラクターが独創的で魅力的なんですよ。

主人公もカッコ悪くてカッコいいんです(笑)

 

ちなみに、発売当初は電子書籍版での販売が無かったために単行本で集めておりましたが、今は各社で電子書籍を取り扱っているみたいです。

 

そのうち、早い段階で移行しなければ・・・。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ワンパンマン 1【電子書籍】[ ONE ]
価格:400円 (2017/5/10時点)


 

 

お次は、ちょっと旧作完結作

ああっ女神さまっ

 

これは、連載開始当初からずーっと雑誌購入して読んでました。

知る人ぞ知る有名作品ですよね。

 

かなり男に都合のいい設定で、頭では「ナイナイ!」って思いながらも、話の展開やテンポがよくて、読むほうもテンポが進みます。

まぁ、アフタヌーンに掲載の他のマンガを読んでたのも、このマンガがきっかけで雑誌を購入していたからといっても過言ではありませんな。

 

ギャグもシリアスもバランス良くて後味もいい。

読み応えのある作品だと思います。 


 

 

次は同じ雑誌つながりでこれ

無限の住人

 

最近、木村拓哉さんが主演で映画が公開となり話題になったので、作品名は結構知られていると思います。

アニメにもなっており、結構有名な作品だとはおもいますが、メジャーではないようでして、私の会社の同僚ではほとんど知っている人はいませんでした。

 

まぁ、内容は非常にハードです。

かなりシュールで黒くてハードです。

あまりお子様にはお勧めできない作品ではあります。

この作品がまだまだ軽い方っておっしゃる方、多分私とは趣味が合わないので勘弁して下さい。

 

でも、登場するキャラクターが魅力的なのと、それぞれの物語の生々しさが描かれており、非常に読みごたえのある面白い作品だと思います。

 

ただ、切った切られた殺し殺されが次々と出てくるので、それが嫌いな人はおすすめできません。

映画で興味が沸いたら、ぜひおすすめしたい作品です。

 


 

 

今回も3作品ほど書いてみました。

あまり魅力的な紹介文ではないのでピンとこない方が多いかと思います。

 

このブログを通じて、文章力を磨きたいと思います(笑)

さて、昨日に引き続きお気に入りのマンガを紹介したいと思います。

 

まずはこちら

ワンパンマン

 

もともと、web上で紹介された原作をもとに村田雄介先生がとなりのヤングジャンプでマンガ化されたものです。

アニメにもなって海外を巻き込んでの一大ブームにまでなってるってくらい大人気作品となります。

 

まぁ、設定があり得ないのに面白い。

敵味方関係なく、でてくるキャラクターが独創的で魅力的なんですよ。

主人公もカッコ悪くてカッコいいんです(笑)

 

ちなみに、発売当初は電子書籍版での販売が無かったために単行本で集めておりましたが、今は各社で電子書籍を取り扱っているみたいです。

 

そのうち、早い段階で移行しなければ・・・。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ワンパンマン 1【電子書籍】[ ONE ]
価格:400円 (2017/5/10時点)


 

 

お次は、ちょっと旧作完結作

ああっ女神さまっ

 

これは、連載開始当初からずーっと雑誌購入して読んでました。

知る人ぞ知る有名作品ですよね。

 

かなり男に都合のいい設定で、頭では「ナイナイ!」って思いながらも、話の展開やテンポがよくて、読むほうもテンポが進みます。

まぁ、アフタヌーンに掲載の他のマンガを読んでたのも、このマンガがきっかけで雑誌を購入していたからといっても過言ではありませんな。

 

ギャグもシリアスもバランス良くて後味もいい。

読み応えのある作品だと思います。 


 

 

次は同じ雑誌つながりでこれ

無限の住人

 

最近、木村拓哉さんが主演で映画が公開となり話題になったので、作品名は結構知られていると思います。

アニメにもなっており、結構有名な作品だとはおもいますが、メジャーではないようでして、私の会社の同僚ではほとんど知っている人はいませんでした。

 

まぁ、内容は非常にハードです。

かなりシュールで黒くてハードです。

あまりお子様にはお勧めできない作品ではあります。

この作品がまだまだ軽い方っておっしゃる方、多分私とは趣味が合わないので勘弁して下さい。

 

でも、登場するキャラクターが魅力的なのと、それぞれの物語の生々しさが描かれており、非常に読みごたえのある面白い作品だと思います。

 

ただ、切った切られた殺し殺されが次々と出てくるので、それが嫌いな人はおすすめできません。

映画で興味が沸いたら、ぜひおすすめしたい作品です。

 


 

 

今回も3作品ほど書いてみました。

あまり魅力的な紹介文ではないのでピンとこない方が多いかと思います。

 

このブログを通じて、文章力を磨きたいと思います(笑)

駆け出しのおぢさん

さて、今までSNSやらブログやらに手を出さずに生きてきたおぢさんです。

 

新しいことを始めようと、今回ブログを始めてみました~。

しかし、何を書けばいいのか決めていない・・・(苦笑)

 

そこで、今回は自分のお気に入りの漫画でも紹介してみたいと思います!

 

まずは、こちら

王様の仕立て屋」シリーズ!!

 

なんと、現在3部作目でコミックは通しで47巻も発行されている人気漫画です。

 

オーダースーツが主な題材なので好みは分かれると思いますが、私は話のテンポやノリなどが非常に気に入っています。

 

それに、作品に登場する各々のキャラが魅力的で最高っす!

まだまだ見ていたい作品なので、大河原遁先生にはぜひ頑張って頂きたい!!!

 

実は、大河原遁先生の作品がデビューからずっと好きです。

どの作品も、作風や出てくるキャラクターが魅力的すぎてたまりません。

 この王様の仕立て屋」シリーズは、特にぶっ通して繰り返し読んでます。

 

あと、絶版になった短編集とか、電子書籍化しないかなぁ・・・。

持ってた単行本、諸事情によりやむなく処分してしまったのが悔やまれます(泣)

集英社様、宜しくお願いします!!!

 


 

 

 

次に、紹介するのがこちら!

甘々と稲妻

 

この作品は、たまたま子供と行った漫画喫茶で、これまた偶然本棚から落ちてきたのを手にして読んだのがきっかけでした。

 

この作品に漂う世界観というか雰囲気がたまりません。

これは、読んだ人なら必ず分かると思います。

 

それにキャラクターも魅力的なんです。

子供を通して知り合うママ友との会話も穏やかで・・・(笑)

現実はこんなに穏やかな関係ばかりではないんですが、ほほえましく読んでしまいます。

 

話や設定はいいことばかりではないですが、穏やかな気持ちで読める気持ちのいい作品だと思います。

 

作品ででてくる料理も特に難しいものではなく、読んでいて思わず作って食べたくなる美味しそうな料理ばかりなのも魅力の一つではないでしょうか。

 

育児に疲れた奥さん、中高年の疲れた夫婦、なごみのひとときをどうぞ(笑)

 

 


 

 

 

今回はこれで最後

マージナル・オペレーション

 

戦争ものです。

そして子供を戦争に利用する設定です。

なので、設定の段階で毛嫌いする方も多いかと思います。

 

ですが、純粋にフィクションとして楽しめる面白い作品だと思って読んでます。

魅力的なキャラクターや軽快な掛け合いなど、話が重すぎないコミカルな内容も含まれており気に入ってます。

 

最初に小説で発売されたそうですが、私は漫画しか読んだことがありません。

機会があれば、小説にも手を出してみようかなぁ。

 


 

 

 

長々と書きましたが、如何だったでしょうか。

まだ読んでいない作品があれば、ぜひ一度手にとって見てください。

 

それではまた~。