さて、昨日に引き続きお気に入りのマンガを紹介したいと思います。

 

まずはこちら

ワンパンマン

 

もともと、web上で紹介された原作をもとに村田雄介先生がとなりのヤングジャンプでマンガ化されたものです。

アニメにもなって海外を巻き込んでの一大ブームにまでなってるってくらい大人気作品となります。

 

まぁ、設定があり得ないのに面白い。

敵味方関係なく、でてくるキャラクターが独創的で魅力的なんですよ。

主人公もカッコ悪くてカッコいいんです(笑)

 

ちなみに、発売当初は電子書籍版での販売が無かったために単行本で集めておりましたが、今は各社で電子書籍を取り扱っているみたいです。

 

そのうち、早い段階で移行しなければ・・・。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ワンパンマン 1【電子書籍】[ ONE ]
価格:400円 (2017/5/10時点)


 

 

お次は、ちょっと旧作完結作

ああっ女神さまっ

 

これは、連載開始当初からずーっと雑誌購入して読んでました。

知る人ぞ知る有名作品ですよね。

 

かなり男に都合のいい設定で、頭では「ナイナイ!」って思いながらも、話の展開やテンポがよくて、読むほうもテンポが進みます。

まぁ、アフタヌーンに掲載の他のマンガを読んでたのも、このマンガがきっかけで雑誌を購入していたからといっても過言ではありませんな。

 

ギャグもシリアスもバランス良くて後味もいい。

読み応えのある作品だと思います。 


 

 

次は同じ雑誌つながりでこれ

無限の住人

 

最近、木村拓哉さんが主演で映画が公開となり話題になったので、作品名は結構知られていると思います。

アニメにもなっており、結構有名な作品だとはおもいますが、メジャーではないようでして、私の会社の同僚ではほとんど知っている人はいませんでした。

 

まぁ、内容は非常にハードです。

かなりシュールで黒くてハードです。

あまりお子様にはお勧めできない作品ではあります。

この作品がまだまだ軽い方っておっしゃる方、多分私とは趣味が合わないので勘弁して下さい。

 

でも、登場するキャラクターが魅力的なのと、それぞれの物語の生々しさが描かれており、非常に読みごたえのある面白い作品だと思います。

 

ただ、切った切られた殺し殺されが次々と出てくるので、それが嫌いな人はおすすめできません。

映画で興味が沸いたら、ぜひおすすめしたい作品です。

 


 

 

今回も3作品ほど書いてみました。

あまり魅力的な紹介文ではないのでピンとこない方が多いかと思います。

 

このブログを通じて、文章力を磨きたいと思います(笑)